施工実績21件目を掲載いたしました。 | コンパクトシールド工法研究会

施工実績21件目を掲載いたしました。

施工実績-21

工事件名 八街市大池第三雨水幹線建設工事
工期 平成24年12月15日~平成27年9月30日
施行業者 前田・大日本土木JV
発注者 日本下水道事業団
工事目的 下水道幹線工事
土質 砂質土 (N=14~50程度)
路線距離 1,419.493 m
最小曲線半径 50 m 
縦断勾配 1.3, 1.5 ‰
土被り 5.6 m ~ 7.8 m
セグメント RCセグメント(一般部) 鋼製セグメント
  (急曲線部 R50m)
1,351 リング 62 リング
外径φ2,750×1,000×175 ㎜ 外径φ2,750×500×122 ㎜
分割数:4 分割数:5
鋼製セグメント
  (開口径φ1600 4か所)
鋼製セグメント
  (開口径φ1080 1か所)
24 リング 6 リング
外径φ2,750×500×122 ㎜ 外径φ2,750×500×122 ㎜
分割数:5 分割数:5
仕上り内径 2,400 mm
シールド形式 泥土圧シールド (外径φ2,880 ㎜)
発進方法 センターホールジャッキ方式
シールドの転用回数 1回
土砂搬出方法 ズリ鋼車方式
立坑形式 発進立坑 : 鋼矢板 (12.0m×9.2m、深さ 11.9m)
到達立坑 : ライナープレート (φ4.5m、深さ 10.6m)

日本下水道事業団初の発注工事(八街市)が到達しました。

日本下水道事業団の初めてのコンパクトシールド工法採用工事、八街市大池第三雨水幹線建設工事(前田・大日本土木JV、仕上りφ2400mm、延長1420m)が2015年2月到達しました。